goro’s(ゴローズ)のジャニーズファン

高橋吾朗氏がgoro’s(ゴローズ)をオープンさせて十数年経過しました。

それでも今日でも行列はたえる事なく人気が続いています。

オープン当時、お店は青山にありましたが、アメリカへの修業後には帰国した後に、お店を表参道に移転させました。

当時からgoro’s(ゴローズ)のシルバーアクセサリーを愛用していた有名人は多く、有名な人としましてはSMAPの木村拓哉さんやジャニーズの関係者の方々が足しげくお店に来店されていたそうです。

木村拓哉さんは普段TVでカジュアルな服装の時など、様々なシーンでgoro’s(ゴローズ)のシルバーアクセサリーをはめられているのを、目撃した方々も多いと思います。

アメリカンカジュアルのファッションが多い印象の方には、特にgoro’s(ゴローズ)のシルバーアクセサリーは色的にも映えますし、大ぶりもモチーフのネックレスであれば、一見服に合わせずらいかなと感じる方もいらっしゃると思いますが、無地の服の上にオンするだけでも、とても印象に残ると思います。

ですので、そういったシンプルな洋服にも合わせることが出来るため、持っている地味な感じの服も一気に華やかに、かつお洒落にしてくれますよね。

このように、ジャニーズの方々が多く愛用しているために、そこからgoro’s(ゴローズ)を知った方も多いと思います。

調べていくうちに私も1つ欲しいと感じるかたも増えていったのでしょう。

そのように輪が広がっていくことで、今の人気も続いていて、連日お店の行列が絶えないということになっていったのでしょう。

ちなみにコチラのBRINGではゴローズの高額買取りに定評があります。

祖父の珊瑚

祖父の家に奇妙な置物がいくつもあります。

その中のひとつに、珊瑚の置物があります。
淡いピンク色をしているのですが、いかにも深海から出てきましたという感じのまだ湿っていそうな見た目をしています。
何本も枝分かれしているようなその奇妙な姿は、今にも手を伸ばして襲って来そうな雰囲気を醸し出しているので私は子供のころからとっても苦手でした。
珊瑚と聞くと、生き物のサンゴとは違う種類にはなりますが、サンゴ礁の海や、オーストラリアのグレートバリアリーフを思い浮かべる方もいらっしゃると思います。
しかし私は珊瑚というとその奇妙な置物しか思い浮かびません。
何のためにこの置物をいつまでも置いているのかもわからず、良い気もしないので、こんなに大きいものならある程度の値はつくのではないかと思い、ある時祖父に、ブランドファンの【http://brand-star.info/coral/】や【http://brand-star.info/jade/】へ買取査定にでも出せばと提案したことがありました。
専門知識もないので、いくらになるのか到底検討もつきませんが、近頃珊瑚が高騰していると聞いたので私としては結構良い提案だったと思っていました。
しかし祖父の答えは意外なものでした。
「罰があたるだろ」と言うのです。
よくよく話を聞くと、珊瑚は持つ人の幸福や繁栄を叶えてくれるものだということで、祖父は珊瑚に願いを込めてそれをずっと大切にしてきたのでした。
その置物の珊瑚は、宝石に加工される前の珊瑚でとても価値のあるものなのだそうです。
子供のころから奇妙だと思っていたその生き物も、祖父にとってはとても大切なものだったのだとその時に初めて知りました。

女性の永遠の憧れである宝石ルビー

真っ赤に輝くその艶やかさは、時には情熱に例えられ、特には女性の美の象徴であるとも言われています。

ルビーを身につける女性は、真っ赤なルージュを使いこなすように、周囲からは自立した強くアクティブな女性に見られることも多くあるでしょう。

そんなルビーの赤い色は、その宝石ひとつひとつで違った輝きを放ちます。

店頭に並ぶルビーも、買取されていくルビーも、全てその色合いによっても価値が分けられます。

それほど、同じ赤でも違いが出てくるのです。

ではルビーの赤色にはどのような種類があるのでしょうか。

まずルビーが赤く輝く原因は、クロムによるもので、最も美しいルビーの赤色とされているのがビジョンブラッドと呼ばれるものです。

ビジョンブラッドは濃い赤色で、ルビーの最高品質だと言われています。

ビジョンブラッドのルビーの主要産出国はミャンマーです。

石の内部にテリがあり、紫外線に向かって光を放つ性質を持っています。

内包されている不純物が少ないのが特徴で、そのことにより艶やかな赤色に見えます。

他の種類にはビーフブラッド、チェリーピンクがあり、ビーフブラッドは主にタイで採掘されます。

黒色の強い赤で、透明度が落ちます。

チェリーピンクは主にスリランカ産で、透明度は高いですが、赤みが薄いピンク色をしています。

ルビーは異なる種の岩石の中で成長し、採掘されます。

育った岩によって、クロムだけでなく、イオンやチタンなどの不純物が内包され、色が変わります。

そのため産出国や土地により色が異なるのです。

ルビーエメラルドの買取を専門に行っているお店なども御座いますので参考にしてみて下さい。

1860年にスイスに設立の「ショパール」とは

ショパールは1860年にスイスで設立された時計ブランドです。

時計の他にも宝飾品なども取り扱っています。

ルイ•ユリス•ショパールによってスイスに設立されたショパールはスイスのジェネーヴに本社がありますが
工房はドイツにあります。

宝飾品を取り扱っているショパールならではの 宝飾をあしらった時計などが人気で
男性だけではなく、女性向けの腕時計もとても人気があります。(ショパールの買取ページはこちら。)
ダイヤモンドをあしらったハッピーダイヤモンドというシリーズは世界中の女性の憧れの時計のひとつです。

男性向けの時計で人気があるのは クラシック レーシングというシリーズが
ショパールでは特徴的です。
クラシック レーシングという名のとおり、カーレースとの関わりがあるコレクションですが
レースという印象のデザインよりは、優雅な中に遊び心のある 男心をくすぐるデザイン。という印象をうけます。
クラシック レーシングシリーズはネーミングも凝っていて、
スーパーファスト(とても速い)やグランプリなど レースにちなんだネーミングもユニークです。

他にも ムーンフェイズやクロノグラフといったコレクションは
眺めていて飽きのこないデザイン、品がありながらも遊びのあるガジェット感が魅力的です。

クラシックカーのレトロな魅力と同様、ショパールの時計には
愛らしさと愛嬌の中に 男性ならではのロマンを感じさせるデザインが世界中の時計ファンを魅了する要素かもしれません。

時計以外でも カンヌで開かれる国際映画祭の最優秀賞に贈られるトロフィーなども
ショパールが制作しています。

24時間以内のスピード査定