サブマリーン・シードゥエラー誕生の背景

ロレックスの傑作とも言える、シードゥエラーの誕生には、フランスのマルセイユにある世界で最も大きな潜水専門の会社であるコメックスが深く関係していると言われています。

コメックス社は1960年代に、サブマリーナをダイバーに提供していたものの、飽和潜水を行っている際、サブマリーナの風防が吹き飛んでしまうという致命的な事故が何度も起こってしまったのでありました。

このトラブルは、潜水時に求められる深度圧を調節するべくヘリウムガスが加圧されますが、それが浮上してくる際時計の内部で膨張してしまったことによって起こってしまっていました。

このトラブルから、ロレックスは子メックス社に依頼し、協力を得、深度潜水にも耐えうるシードゥエラーを作り上げたのでありました。

時計の内部にあるヘリウムガスを外へと出す機能、ヘリウム・エスケープバルブを採用することで、それまでトラブルの原因となっていた問題点を解決することに成功したのです。

サブマリーナより更に頑丈さをまし、分厚くなったケースは、強い水圧に対する耐久性もクリアしていました。

シードゥエラーは、誕生当初からサブマリーナの防水機能を2倍も上回る610メートルを記録、その後1980年代には1228メートルの防水に成功しています。

例え使わなくなったとしてもロレックスファンならサブマリーナ買取に力を入れていますので高額で買い取りしてくれます。

ショーメの日本での人気

結婚指輪や婚約指輪の購入を検討するにあたって、ショーメを候補にあげているカップルも少なくないでしょう。

ショーメは、1780年にフランスにて設立された非常に歴史あるジュエリーブランドです。

ジュエリー以外にも1995年から腕時計のコレクション展開も行っており、世界中にファンを持ちます。

長い歴史の中で、王族や貴族、かの有名なナポレオンなど多くのセレブリティーに愛用されたショーメのジュエリーですが、現在では幅広い価格帯でコレクション展開を行っていることから、一般の人々にも愛用者が増えています。

気品の高さと上品さが魅力で、ショーメをつけることが一種のステイタスにもなっているほどです。

日本国内にもファンが多く、直営店は銀座および大阪の心斎橋にあります。

大手百貨店の中にもショーメのお店があり、手に入れることができます。

直営店があることや、手に届く価格帯であることなどから、結婚指輪や婚約指輪として選ぶ人が増え、特に若い世代を中心に人気が高まっているのです。

知名度だけでなく、品質面でも信頼度が高いショーメは、他のブランドに負けない魅力がいっぱいです。

またジュエリーだけでなく、腕時計もメンズ、レディース共にコレクションが展開されており、こちらも高い人気があります。

ですのでショーメ買取店などで高い値段で買い取ってもらうことも可能なのです。