真珠(パール)の種類やグレードの違い

6月の誕生石である真珠(パール)は生体鉱物(バイオミネラル)とも呼ばれる海の奇跡の一つです。

天然では産出量が極少量だったため、その豊富な光沢良の美しさと加工のし易さから世界各地において昔から貴重な宝石として愛されてきました。

現在では養殖技術も進みました。
パールはそれぞれの貝の種類及び、おおよそ以下の6つの要素により、その美しさのグレードが認知されています。
・巻き
・照り(輝き)
・キズ
・形
・色
・大きさ

パールの中でも世界において日本を代表するあこや真珠として知られているのが「本真珠」です。
「白蝶真珠」は、真珠貝の中でも最大級の大きさを誇る白蝶貝から採れ、直径が10mm以上あり真珠層も厚く色彩鮮やかな雰囲気が特徴です。
「黒蝶真珠」はその名の通り奥深い色艶と、バロック・ドロップといった形状が独特の魅力を放つパールです。

中でも孔雀羽根と言われるピーコックグリーンは希少性を持ち最高級とされています。
「マベ真珠」は他のパールと違い、10~20mmのボリュームある半円形状で産出量が少ないのが特徴です。

ハート型やドロップ型などの核の形を変えることにより美しさの幅も広がります。
小さなものはビーズなどでも手軽に使用されているのが「淡水パール」です。

イケチョウガイやカラス貝などの淡水生の貝で主に養殖で作られています。
「バロック真珠」という変形珠のいびつな形状を特徴としたものも存在します。

真珠(パール)の買取専門サイトはこちらからご確認できます。